無料カウンセリング
お電話でのお問い合わせ
アクセス

審美歯科治療

虫歯があってもホワイトニングはできるのか?

今後、ご自身の歯を白くするためにホワイトニングを考えているという方の中には、虫歯がある場合ホワイトニングができるのかどうか、わからない方も少なくありません。ホワイトニングは、専用の薬剤を歯に塗布することで歯の中に含まれる色素を分解し、歯を内部から白くしていく審美歯科治療方法の一つです。施術方法にもよりますが、ホワイトニングをおこなった後は歯が刺激を受けやすい状態になるため、しみて痛むといった「知覚過敏」の症状を引き起こしてしまうことがあります。特に歯科医院でおこなう「オフィスホワイトニング」の場合、使用する薬剤の濃度が高いことから歯がしみやすい傾向にあります。このことから、虫歯の進行度合いによっては痛みを助長する恐れもあるので、虫歯がある場合は治療をしてからホワイトニングをおこなうことが良いといえます。他にも虫歯がある場合のホワイトニングには注意が必要です。

虫歯がある場合のホワイトニング

・虫歯治療とホワイトニングは同時におこなうことはできません

口腔内に虫歯がある場合は、先に虫歯を治療してからホワイトニングをおこなうことが良いとされていますが、その際に虫歯治療とホワイトニングを同時に並行しておこなうことができるのでは、と思っている方もいらっしゃいます。しかしホワイトニングに使用する薬剤の中には、虫歯治療の際に使用する補綴物と歯の密着度を弱めてしまうものもあり、補綴物がしっかりと歯に固定できなくなることも考えられます。固定できていない補綴物を使用し続けることにより、口腔内のトラブルを引き起こしてしまう要因になりかねません。そのため、虫歯治療とホワイトニングを同時におこなうことはお勧めできないのです。

・虫歯を放置したままのホワイトニングはやめましょう

もしも虫歯が初期段階でも、放置したままホワイトニングをおこなうと、場合によっては虫歯が進行してしまう可能性もあるため注意が必要です。ホワイトニングの施術方法によっては、効果が見られるまでに1ヶ月程度の期間を要することから、その間に虫歯が悪化することも考えられます。ホワイトニングによって白くなった歯を、虫歯が進行したことで削ったり、補綴治療をしなければならないことを考えると、先に虫歯治療をおこなった方が歯を削らずに済むこともありますし、簡単な治療で済むことも多いので良いといえるのです。

虫歯の補綴治療をおこなっている場合のホワイトニング

過去に虫歯治療をおこなった際に、歯を削り詰め物や被せ物などの補綴物をしている方も多くいらっしゃいます。しかし、ホワイトニングをおこなっても補綴物などの人工の物質は白くすることができないのです。そのため、補綴物がある状態でホワイトニングをおこなうと、天然歯と補綴物の色が異なってしまう可能性も考えられます。もしも色の違いが気になる場合は、白くなった歯の色に合わせた補綴物を再度作製する必要があります。基本的に保険適用の補綴治療には、銀歯やレジン(プラスチック)が使用されるのですが、銀歯の場合は見た目が金属なので目立ってしまいますし、金属アレルギーなどを引き起こすこともあります。レジンは歯の色と同じ白い色をしていますが、経年劣化によって黄色く変色することから、これらは審美的にも優れているとはいえません。ですが補綴物にセラミックの素材を使用する「セラミック治療」であれば、天然の歯のような高い審美面・機能面を得ることができますので、ホワイトニングの際に補綴物を作製し直す場合にはセラミックを使用することをお勧めいたします。

正しいセルフケアや歯のクリーニングをおこないましょう

歯が汚れてしまう原因には、色素の濃い飲食物の摂取や喫煙などが挙げられます。しかし食後のセルフケアを正しくおこない、定期的に歯科医院で歯のクリーニングを受けることで、口腔内の汚れをキレイに除去することができ、歯本来の白さを取り戻すことも可能です。逆に、毎日のセルフケアを怠ってしまうと、歯の表面に色素が長時間触れてしまったり、食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れの磨き残しの上に色素が沈着することで、歯に着色汚れ(ステイン)が付着してしまいますし、虫歯や歯周病のリスクも高くなってしまいます。そのため、普段から口腔内を清潔な状態に保つことが重要なのです。特にホワイトニング後は、歯の表面を覆っている「ペリクル」という唾液のタンパク層が剥がれてしまった状態であることから、歯が着色しやすくなっているので、色素の濃い飲食物や喫煙は控えるようにして、食後は適切に歯磨きなどの口腔ケアをおこなうようにしましょう。また、ホワイトニングによって白い歯を手に入れることができたとしても、虫歯や歯周病などになってしまうと歯を大きく削ったり、最悪の場合には歯を失ってしまうこともあります。できるだけ長期にわたり美しい白い歯の状態を保つためにも、ご自身のセルフケアだけでなく、歯科医院での歯のクリーニングを定期的におこなうことが大切なのです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. インビザライン矯正による審美治療

  2. 歯茎が下がる事は審美性を損なう原因になる場合があります

  3. 奥歯に審美歯科治療がお勧めな理由

  4. 審美性の高い虫歯治療とは

  5. 審美面における保険適用素材と保険適用外素材の違い