無料カウンセリング
お電話でのお問い合わせ
アクセス

審美歯科治療

ホワイトニング後に自分でできるケアとは

審美歯科治療の一つとして、近年ホワイトニングが注目されています。私たちが普段口にする飲食物の中には色素の濃いものもあり、多く摂取すると歯に「ステイン」と呼ばれる着色汚れが付着することで歯が黄色く見えてしまう場合があるのです。中でも嗜好品であるコーヒーやお茶、赤ワインになどに含まれる「タンニン」などの色素や、タバコに含まれるタールによる「ヤニ」などがステインの主な原因といわれています。歯の表面は「ペリクル」という唾液のタンパク層によって覆われており、細菌や酸などから歯を守る働きや、歯のエナメル質からミネラルが溶け出すのを防ぎ、歯の石灰化を促すといった働きがあります。しかし、ペリクルはステインを吸着してしまう性質もあるため、時間の経過とともに歯の着色汚れを招いてしまうのです。また、加齢に伴うエナメル質の磨耗や、内側の象牙質が厚みを増すことによって、エナメル質から象牙質が透けてしまい歯が黄色く見えることもあります。ホワイトニングは、歯の着色汚れをキレイに除去し、歯の美しさを取り戻すことができるだけでなく、歯の中に含まれる色素も分解することで、本来の歯の色よりもさらに白くすることが可能なのです。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングの主な種類には、歯科医院でおこなう「オフィスホワイトニング」、ご自宅でおこなう「ホームホワイトニング」、これらを同時におこなう「デュアルホワイトニング」があります。オフィスホワイトニングでは薬剤に濃度の高い「過酸化水素」を使用するため、1度の施術で歯の白さを実感できるほどの効果があります。ただし薬剤の濃度が高いので、施術後に歯がしみるといった「知覚過敏」の症状を起こすこともありますし、歯の白さが元に戻る「色の後戻り」がしやすいという特徴もあります。

ホームホワイトニングは薬剤に濃度の低い「過酸化尿素」を使用しており、歯科医院で作製した専用のマウストレーに薬剤を塗布してから一定時間装着することで、徐々に歯を白くしていきます。効果が見え始めるのには時間がかかりますが、歯の刺激も少なく安全で、歯の色の後戻りもしづらいという特徴があります。使用方法や使用時間などは歯科医師から指示された量と時間を守ることが大切です。当院ではホームホワイトニングのみをおこなっております。

ホワイトニング後に自分でできるケアとは

・ホワイトニング後の飲食物に気を付けましょう

ホワイトニングによって歯を白くするためには、ご自身でのケアが大切です。そのため、ホワイトニング後の食事は気を付けてください。ホワイトニング直後の歯は、歯の表面のペリクルが剥がれた状態になっているので、歯が着色しやすくなっています。ペリクルが再生するためには12時間〜24時間ほどかかるので、ホワイトニング後最低24時間程度はカレーやコーヒなどの色素の濃い飲食物や、レモンなどの柑橘類や酢、炭酸飲料などの酸性の強い飲食物の摂取は控えるようにしましょう。ただし、どうしても食べないといけない場合や、誤って摂取してしまった時には、飲食後はすぐに歯磨きをしましょう。もしもすぐに歯磨きができない場合には、うがいなどで口をゆすぐようにしてください。

・タバコは控えましょう

タバコを吸うことで、タールが歯にヤニとして付着するため歯が汚れてしまいます。タバコは、歯周病やドライマウスなど口腔内のトラブルを引き起こすだけでなく、身体の健康面でも悪影響を及ぼしてしまいますので、ホワイトニングで白い歯を保つだけでなく健康のためにも、ホワイトニングを機会に禁煙することをお勧めいたします。

・口腔内を清潔な状態に保ちましょう

歯の表面に色素が長時間触れてしまうことや、食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れの磨き残しの上に色素が沈着することによって、歯に着色汚れが付着してしまいます。そのため普段から正しく歯磨きなどのセルフケアをおこない、定期的に歯科医院で歯のクリーニングを受け、口腔内を清潔な状態に保つことが重要です。ホワイトニング後は色素が歯に付着している時間を短くするためにも、飲食後は必ず歯磨きを適切におこなうことが大切です。それによって白い歯を維持するだけでなく、虫歯や歯周病などの予防にも繋がります。毎日の正しいセルフケアと定期的な歯科医院での歯のクリーニングをおこなうことで、ホワイトニングによって手に入れた白く美しい歯を長期間保つことができるのです。

まとめ

ホワイトニングは、薬剤を使用して歯の中に含まれる色素を分解することで歯を白くしていくため、すぐに色の後戻りを起こすことはほとんどありません。ただし個人差があり、歯質や着色の程度によっては色が後戻りしやすい場合もあります。できるだけホワイトニングの効果を長く維持するためには、定期的にホワイトニングをおこなったり、歯磨きの際にはホワイトニング用の歯磨き粉を使用したり、ご自身のセルフケアだけでなく歯科医院で歯のクリーニングを受けることをお勧めいたします。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. インビザライン矯正による審美治療

  2. 歯茎が下がる事は審美性を損なう原因になる場合があります

  3. 奥歯に審美歯科治療がお勧めな理由

  4. 審美性の高い虫歯治療とは

  5. 審美面における保険適用素材と保険適用外素材の違い