無料カウンセリング
お電話でのお問い合わせ
アクセス

審美歯科治療

ホワイトニングとラミネートべニアの違い

審美歯科治療の中で、歯を白くする方法として「ホワイトニング」と「ラミネートベニア」があります。歯を白くすることで高い審美性を得ることができるという点では同じですが、これらの施術方法は異なります。ホワイトニングはご自身の天然歯自体を白くする方法で、ラミネートベニアはご自身の歯に薄いセラミックの素材を貼り付ける「セラミック治療」の一つなのです。それぞれの施術方法やメリット・デメリットをご説明いたします。

ホワイトニングとは

ホワイトニングは、専用の薬剤を歯に塗布することで歯の中の色素を分解し、歯を内部から白くする方法です。主に、歯科医院でおこなう「オフィスクリーニング」と、ご自宅でおこなう「ホームクリーニング」があります。

・オフィスクリーニング

歯に「過酸化水素」という薬剤を塗布した後に、特殊な光やレーザーを照射することで歯を白くすることができます。1度の施術で得られる効果は大きいため、少ない通院回数で治療が終了する場合も多いです。また、歯科医師や歯科衛生士の手でおこなわれることから、安全なホワイトニングといえます。ただし薬剤の濃度が高いので、場合によっては歯がしみる「知覚過敏」の症状を引き起こすこともあります。また、白さの持続は個人差がありますが、3ヶ月〜6ヶ月程度で色が後戻りしてしまうことが多いです。

・ホームホワイトニング

歯科医院で作製した専用のマウストレーに薬剤である「過酸化尿素」を塗布して、歯に一定時間装着することで徐々に歯を白くしていきます。過酸化尿素はホワイトニングの過程において低い濃度の過酸化水素に変化するため、歯への刺激が少なく知覚過敏などが起こりにくいです。またご自宅でおこなうホワイトニングであることから、ご自身の都合に合わせて歯を白くしていくことができます。さらに徐々に歯を白くしていくので、白さも半年〜1年程度長持ちします。ただし、濃度が低い薬剤を使用して徐々に歯を白くするため、効果が見られるまでに時間がかかってしまいます。ホワイトニングの際には、歯科医師から指示された量の薬剤と装着時間を守ることが重要になります。

ホワイトニングの注意点

ホワイトニングは天然歯の部分にしか効果がないので、詰め物や被せ物といった補綴物がある歯は、補綴物の部分だけ色が違って見える場合があり、色調を合わせるためには補綴物をホワイトニングで白くなった歯の色に合わせて作り直すことが必要になります。その際に、天然歯のような審美性と機能性を兼ね備えているセラミックの素材を使用することをお勧めいたします。またホワイトニング後は、歯が刺激を受けやすく着色しやすい状態になっているので、カレーやコーヒーなどといった色素の濃い飲食物や喫煙は控えるようにしましょう。もしも虫歯や知覚過敏がある場合は、薬剤がしみて痛みが強くなる可能性があるので、事前に歯科医師に相談してください。

ラミネートベニアとは

ラミネートベニアは、歯の表面を0.3mm~0.5mm程度削った後に、セラミック素材の薄い板を特殊な接着剤で貼り付けることにより、歯の色を白くするだけでなく歯の形も美しく整えることができる施術方法です。歯科医院の通院回数は個人差がありますが、2〜3回程度と短期間で終わることが多いです。歯の着色汚れ(ステイン)に左右されることなく、ご希望に合わせた白さや明るさに仕上げることができますし、歯と歯の間に隙間がある「すきっ歯」のような不正咬合(悪い歯並び)に対しても、形を整えることでキレイな歯列を作ることも可能です。そのため、短期間で美しい歯を手に入れたい方や、歯の変色が進んでいる方、目立ちやすい前歯に隙間が多い方にとっては効果的な施術方法といえます。ただし薬剤によって歯自体を白くするホワイトニングとは違い、セラミックを貼り付けることで歯を白くするため、健康な歯の表面を削る必要があります。歯の表面を削るといっても、削る量も最小限なので神経などに影響を及ぼすことはありませんが、個人差もあり、場合によってはエナメル質を削ることにより歯が弱くなってしまうこともあります。また噛み合わせが悪い方や、歯ぎしりや食いしばりの癖のある方は、ラミネートベニアが割れてしまう場合もあるので、事前に歯科医師に相談するようにしましょう。

ラミネートベニアは色が後戻りすることがないので、一度施術をおこなえばメンテナンス次第では長期にわたって白さや明るさを維持することが可能です。

まとめ

ホワイトニングとラミネートベニアで歯を白くすることによって、高い審美性を得ることができます。ただし、少しでも長く白さを持続するためには、施術後の正しい歯磨きなどのセルフケアや、定期的に歯科医院での歯のクリーニングをおこなうことが重要になります。口腔内を清潔な状態に保つことは、白く美しい歯を維持するとともに虫歯や歯周病などの口腔内トラブルを予防することにも繋がるのです。

当院ではホームホワイトニングとラミネートベニアをおこなっております。審美歯科治療で歯を白くすることをお考えの方は、一度ご相談頂くことをお勧めいたします。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. インビザライン矯正による審美治療

  2. 歯茎が下がる事は審美性を損なう原因になる場合があります

  3. 奥歯に審美歯科治療がお勧めな理由

  4. 審美性の高い虫歯治療とは

  5. 審美面における保険適用素材と保険適用外素材の違い